スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の住宅は長持ちしない

長期優良住宅」の具体的なお話の前に、日本の住宅についての予備知識を
少しお話しておきます。


日本の住宅利用期間は平均30年
長期01 
上の棒グラフでもわかるように、日本では取り壊される住宅の平均築後経過年数は約30年と、イギリスの約77年、アメリカの約55年に比べるとはるかに短くなっています。

もちろん、各国の自然条件や地震の発生頻度、国民性の違いなどがあり単純に比較することは出来ません。

例えばヨーロッパ諸国では建築は「」の文化です。これは良質ながたくさん取れるという材料要因や、比較的乾燥しているので結露しにくいといった気候要因、また組積構造(やレンガを積み上げること)で建物を作っても地震が少ないので壊れにくいという構造的要因があるからこそ成り立つ文化です。そしてよりも耐久性のある材料ですので建物も長持ちします。

それに比べて日本の建築は「」の文化です。これは良質ながたくさん取れるという材料要因や、夏は湿度が多く冬は乾燥するといった気候に対しての持つ調湿機能(空気中の水分を吸ったり吐いたりする機能)が有効であることや、の持つ軽くてしなやかな構造が地震にも有効であるといった構造的要因などから成り立つ文化です。が、しかし耐久性の面から言うとよりも劣ります。昨日TV番組の「鉄腕ダッシュ」でダッシュ村の茅葺き屋根の修繕をやっていましたが、の建築はこまめにメンテナンスを行う必要があります。

ただし、このような材料の耐久性だけが「長持ちしない住宅」の原因ではないと思います。の建築だって作ってすぐに壊すことは可能です。木の建築だって何百年と建っている寺院もいっぱいあります。僕は一番の問題は日本人の考え方や意識の問題だと思っています。

次回は日本人の考え方をベースに「なぜ住宅が長持ちしないのか?」を考えて行きたいと思います。



一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


弊社は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」の
長期優良住宅の設計を行う建築設計事務所」に登録されています。
こちらのホームページもどうぞ


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

「長期優良住宅」について

長期優良住宅  
みなさんは「長期優良住宅」という言葉を聞いたことがありますか?
最近は住宅販売用チラシにも「長期優良住宅」という文字がおどっていますので
目にした方もいらっしゃるかもしれません。

簡単にご説明しますと
2006年に「住生活基本法」が施行されまして、国の方針が
今までのような「作っては壊す」といった「ビルド&クラッシュ」の消費型社会から
「良い物を作って、きちんと手入れして長く使おう」という
ストック型社会へ転換されました。
そして、この法律のもとに作られる住宅を「長期優良住宅」と言います。

長期優良住宅」のメリットとしては大きく分けて3つあり
1.資源の有効利用や地球温暖化防止を図れるなど「環境負荷の低減」
2.住宅の建て替えを減らすなどの「国民負担の軽減」
3.住宅の資産価値を高めるなどの「国民資産の向上」
が挙げられますが、皆さんが一番気になるのは
3番の「国民資産の向上」ではないでしょうか?

現行の建築基準法に則って建てられた一般住宅の場合
住宅の価値は10年で半額、20年で価値無しというのが一般的な査定です。
例えば建設費2000万円の住宅の場合(土地代金は除く)
築10年で1000万円、築20年で0円になります。
(もちろん仕様や広さ、劣化状況で金額は変わりますが)
価値が無いので「壊してまた作る」というのが今までのやり方でしたが
それを「長期優良住宅」を作って20年経っても住宅に価値を付けようと
考え方に変わってきたわけです。

但し、「長期優良住宅」を作るには一般的な住宅を作るよりもお金が掛かります。
そうするとトータルで考えると損なのか?得なのか?
またどんな住宅なの?とうやって作るの?
などの疑問を皆さんお持ちになると思いますので
これから数回に分けて「長期優良住宅」について詳しくお話していきますので
よろしくお願いします。


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。