スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭ヶ丘新築工事12

内装01 
床・壁・天井内に断熱材を敷き込んで、その他設備配管配線も設置したところで
内装仕上げに取り掛かります
上部写真は床のフローリング張り
今回は濃い色でインテリアをまとめているようです
(注意:今回の物件のデザインについては弊社は関与していません)
内装02 
壁は火に強い不燃材料のプラスターボード(石膏で出来ています)
内装03 
天井も同じくプラスターボードですね
写真に見える金物は「ほし姫」という商品で、ひもを引っ張ると天井から
物干し竿が降りてきますので、雨の日は室内で洗濯物を干す事が出来ます
内装04 
壁・天井の下地材を張り付けたら次は仕上げのビニールクロス貼りです
現場には写真のようにビニールクロスはロール状に搬入されます
内装05 
そしてこの専用カッターで現場にてカットされます
内装06 
そしてビニールクロスを張る前に、下地材の目地をパテで埋めて行きます
この作業が大切です
しっかり継ぎ目が埋まっていないとクロスを張った後に継ぎ目が浮かびあがって
クロスに歪みが出てきます
それでもビニールクロスの場合5~10年経つと下地の継ぎ目が見えてきますね
木造住宅は常に揺れていますのでパテ処理した継ぎ目が割れてくるのです
建設会社の保証期間は主要構造部・雨漏り関係は建築基準法で決められている10年保証ですが
後の内装関係保証については2~3年のところが多いですので
5~10年後のクロスの張り替えは一般的には有料となりますね
内装07 
下地処理が終わったところでクロスを壁に貼っていきます
内装08 
これは和室の天井に貼った「あじろ風」ビニールクロス
「網代(あじろ)」とは木の皮を編み込んだ仕上げ材料ですが、本物は高価な材料です
茶室や高級和風建築に使われますが、このようにビニールクロスで出来た疑似材料を使うと
安く出来ます
最近の疑似クロスはよく出来ていて表面に凹凸も表現されていますので
目から遠い場所の天井なんかで疑似材料を使うのは良いかもしれませんね
(目から近い場所では偽物とすぐにわかるのでお勧めしません^^;)


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

旭ヶ丘新築工事11

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


断熱材01 
前回は床の断熱についてお話しましたので、今回は壁・天井の断熱についてです
写真に見える黄色いマットのようなものが住宅で使われる一般的な断熱材の
「グラスウール」という材料で、文字通りガラス繊維を綿状にしてありフワフワしています
簡単に言うとダウンジャケットのようなものです
断熱材02 
これを壁の内部や天井裏にすき間なく敷き込んでいきます
今回はエコポイント申請も長期優良住宅申請も致しませんので
密度10kg/m3の厚さ100mmの物を使用しています

住宅の断熱性能の標準仕様についてはここ数年で大きく変わろうとしています
3~4年前まではほとんどの住宅は「新省エネ基準(等級3)」をベースに設計されていましたが
現在は長期優良住宅やエコポイントの普及に伴い「次世代省エネ基準(等級4)」をベースに
設計されることが多くなってきています

例を上げると
数年前までは壁に充填するグラスウールの厚みは50~75mmが標準でしたが
現在では100mmが標準仕様になりつつあります
ですから5年くらい前に住宅を建てた方と今年住宅を建てた方を比較すると
今年建てた方の方が約2倍の断熱材が入っている可能性もあるわけです
(注意:もちろん施工費は以前より上がります。また断熱性能は上がりますが
    2倍になっているわけではありません)
ですから、リフォームをするときには断熱改修も是非行った方がよいと思います

それと断熱材を厚みだけで判断してはいけません、密度も重要になってきます
同じ100mmの厚さでも密度が10kg/m3のものと24kg/m3のものでは
断熱性能は大分違ってきます(24kg/m3の方が性能は良い)
ですから施工会社さんに断熱性能の件を問合せするときには
材料名と厚さ、そして密度まできちっと聞いて検討するとよいでしょう


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事10

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


床断熱01 
断熱工事が始まりました
まずは床からです
写真にある薄水色の発泡スチロールみたいなものが断熱材です
床断熱02 
床の根太(床板を支える木材)の間にすき間なく断熱材を詰め込んでいきます
この断熱材はカッターで好きな形・大きさにカット出来ます
床断熱03 
床下から見るとこんな感じで、断熱材が綺麗に木と木の間にセットされています
床下は外部と同様の温度です
写真の奥に細長く光が見えますが、あれが床下換気口で
外から外気が床下に流れ込んで、また外に出ていくことで
床下の湿度を調整しています
床下の湿度が高いと木が腐りますので、換気をすることは非常に大切ですが
その分床下が寒くなったり暑くなったりしますので
床板の下で断熱をする事が重要です
最近の住宅は当たり前のように床下断熱をしてますが
昔の住宅は床下断熱材が入っていないことが多いので
リフォームするときは断熱リフォームも一緒にすることをお勧めします


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事09

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


瓦01 
今回は瓦屋根を採用しています
野地板合板の上に防水をして瓦下地を木で作り、その上に瓦を敷いて下地に打っていきます
瓦02 
よく瓦屋根と金属屋根ではどっちがいいの?と聞かれる事がありますが
それはケースバイケースですね
どちらも長所・短所がありますので、それぞれの性質を理解してから採用することが大切です
例えば瓦の長所は
・耐久性があるので長持ちします
・遮音性があるので雨の音など気になりません
・断熱性があるので天井裏の温度を低く保てます
短所は
・重量があるので地震に対して弱く、構造体をいつもより強くする必要があります
・落下の危険性があります
・価格が高いです

金属屋根は瓦の反対の長所短所があります
デザインや予算、気候などを考慮してどちらか選択することが大切です


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事08

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


ケナボード01 
住宅の骨組みが完成したら、外壁下地を張っていきます
耐力壁にするため、よく使われるのが針葉樹の構造用合板なのですが
今回はパナソニックが出している「ケナボード」を張りました
「ケナボード」とはエコ素材のケナフ(植物)から出来ている耐力壁用のボードで
厚みは4.5mmと普通の構造用合板の半分以下の厚みで
非常に薄く、さらに非常に軽い材料です
それでも針葉樹の構造用合板よりも強度が有ります
少し高い材料ですが、現場での作業性(一人で軽々運べるので)を考えると
なかなか良い商品です
ケナボード02 
耐力壁で一番重要なのはこの釘です
CN50(約5cm)の釘を使った場合は10cm間隔で打っていきます
写真の黒い線が10cm、釘に書いてある数字50がCN50の釘の意味です
ここをきちっとチェックしなければいけません
手抜き工事では10cm以下に釘が打たれていない事があるので
注意が必要です


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事07

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


大工道具01 
上棟の時は現場に数十人の大工、作業員が集まりますが
普段は2人の大工で作業しています
今日は大工さんが使っている機械を紹介したいと思います
大工道具02 
これは木材を切るカッターです
機械の下に材料を設置して、上から電動ノコギリを下してカットします
正確にすばやくカット出来ます
これは僕も欲しいですね~
大工道具03 
これは手で持つ電動ノコギリですね
僕も持っていますがコンパクトで使いやすいです
ただ慣れないと正確には切れません、曲がってしまいます^^;
大工道具04 
これは電動釘打ち機ですね
簡単に言うとマシンガンみたいな構造になっていて
引き金を引くと、ロール状に収納されている釘が出てきて
材料に釘を打ち込んでくれます
よく現場でバン、バンと言う音が鳴っていますが
それはこの機械で釘を打っている音ですね

このように現場ではほとんどの機械が電動ですので
計画停電には困っているようです
でもなんとかやりくりしながら頑張って頂きたいです


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事06

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


金物01 
昔の木造在来軸組工法では金物を使っていない建物もありますが
最近の木造軸組工法では金物は大変重要です
筋違いを止める金物や梁をつなげる短冊金物
金物02 
火打梁も金属製
金物03 
梁と束を止める、かすがい金物
金物04 
梁と垂木を止める、ひねり金物
金物05 
柱と梁を止める金物
金物06 
土台と柱を止めるホールダウン金物など
さまざまな形の金物で構造部材っを固定しています
第三者機関の中間検査でもチェックされる項目で
住宅の耐震性能に大きくかかわってきますので
きちっと監理者にチェックしてもらいましょう


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事05

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます

上棟01 
基礎工事、土台工事が終わったら柱、梁などの構造体を組み立てます
いわゆる「上棟」とか「棟上げ」とかいう作業です
上棟02 
土台に開いている穴に
上棟03 
柱をさし込み、ホールダウン金物で土台と柱を固定します
上棟04 
同様に間柱部分も土台に開いている溝に
上棟05 
間柱をさし込んで固定します
上棟06 
建物のコーナーにある柱は1階から2階までつながる1本物の「通し柱」を使います
6mくらいある長い柱です
他の柱は3m位ですね
上棟07 
1階が組み終わったら2階にクレーンで材料を運び
上棟08 
1階同様、柱・梁・小屋組を組み立てます
上棟09 
作業が終了すると、このように建物の骨組だけが姿を現します
約1日作業ですね
昔はこの「上棟」が完了すると屋根からお餅やお金を投げてましたね~
懐かしいな~よく取りに行きました^^
最近は大工仲間が夜居酒屋で飲み会をするくらいですね


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事04

配筋検査が終わると型枠内にコンクリートを流し込みます
基礎工事01 
コンクリートが固まったところで型枠を取り外します
基礎工事02 
全部取り外すとこんな感じ
基礎から飛び出ている金物は土台と基礎を固定するアンカーボルトです
いつも思うのですが、この状態だととても小さく感じます^^
基礎工事03 
その基礎の上にこのようなプラスチックの「基礎パッキン」を置きます
基礎工事04 
そして土台の凸と凹の継ぎ手を合わせて先ほどの基礎パッキンの上に設置します
基礎工事05 
このようにコンクリート基礎の上には全て土台が設置されます
基礎工事06 
先ほどの「基礎パッキン」を横から見ると、このように2cmはどのすき間が開きます
これは床と基礎の間の空気を換気するための通気口です
基礎工事07 
最後にすき間から虫などが入り込まないように防虫カバーと取り付けます^^


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事03

基礎工事01
地盤改良が終わったので基礎工事に入ります
基礎工事02 
基礎のコンクリートを打つ前にまずは設備配管を敷き込みます
給水管や汚水管が立ちあがっています
基礎工事03 
一通り配管工事が終わったところで配筋工事です
200角の升目状に鉄筋を組んでいきます
コンクリートの中にはこのような鉄筋の骨組みが入っています
ビニールが敷いてあるのは地中から上がってくる湿気を防ぐための防湿シートです
基礎工事04 
配筋が終わったところで住宅瑕疵担保責任保険法人の検査官による配筋検査を受けます
無事に合格したところでコンクリート打設に入ります


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 ▲  次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。