スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の家30

「父の家」は久々の更新です

もう既に完成して住んでいるのですが

細かいところをもう少し紹介したいと思います

(完成写真は弊社HPで紹介しています   http://goan2008.web.fc2.com )

今回照明器具を一つデザインしてみました

10社程度ある照明器具メーカーのカタログを全てチェックしたのですが

リビング上部につける照明がどうしても納得のいくものが無かったので

自分で作ろうと思いまして^^

(正確に言うと弊社が設計して大工さんが制作するということです)

材料

 まずは材料です

部屋の上部にくるので重量的にもイメージ的にも軽いものですね

材木屋さんと検討しました

集成材だと厚く重くなってしまうし

薄い無垢板だと加工するときに柾目に沿って割れてしまうということなので

最終的には薄いベニヤ板に米松の単板(木を薄くスライスしたもの)を

貼りつけることにしました

ベニヤ板とは薄い板を異方向に何枚も貼り合わせた板なので

薄くも出来、どの方向に加工することができます

作成中

 そしてその材料をもとに大工さんが制作します

弊社で描いた図面を見ながら大工さんが机のボードに原寸図を書いて

それに合わせて木材をカットしています

この時は面白かったですね~^^

普段は朝から夕方まで現場で慌ただしく動き回っている大工さんですが

これを制作する2日間は部屋に閉じこもって静かに組み立てていました

なんかプラモデルを作るみたいに^^

組み立て完成1

 そして組み立て完成!

左側の白い部分は照明器具です 普通の裸の蛍光灯を使います

組み立て完成2

 横から見るとこんな感じ

ちょうどこの角度で壁上部に取り付けます

塗装1塗装2

そして塗装屋さんに着色してもらいました

完成取付

 最後に壁上部に取り付けてブラケット照明の出来上がりです

デザインは前回紹介した家具と統一しています

木で出来た数枚のフィンから光が漏れてやさしく空間を照らしています

見る角度によって光の見え方が違ってくるので

その変化が楽しいですね

「家具」と「照明器具」のデザインを統一することによって

その家の一体感がより一層強まりますね^^

 

スポンサーサイト

瀬戸内海の旅10 「秋芳洞」

4日目 8/31(月)午前

今日のメインは秋吉台と秋芳洞です

残念ながらの曇り空・・・天候が回復することを祈り

午前中は秋芳洞へ行くことにしました

洞窟なので天気は関係無しです^^

[高画質で再生] 秋芳洞
[広告] VPS

とても幻想的な入口です ワクワクしますね~

しっかし水が綺麗です ちょっと綺麗すぎます

バスクリンでも入れたかのようなブルーです

入口内部

 入口を内部から見るとこんな感じ

なんだかクジラに食べられたピノキオみたいです

さすが洞窟、内部はかなり暗く、そして涼しい~ 天然クーラーです

夏に来てよかった~

でもたしか水温は一年を通して一定らしいので

冬に来ると内部は温かく感じられるかもです

棚田

 昨日見た棚田のようなものもあります

基本的には水に溶けた石灰分が長い年月をかけて

いろんな形に固まった物が鍾乳石であり鍾乳洞となるようです

たしか浜松あたりにも有名な鍾乳洞がありますよね

子供の時に行った記憶があります

パイプオルガン

 巨大なパイプオルガンみたいな物もあります・・・すごっ!

ライトアップ

 こんなライトアップされた物もあります・・・派手っ!

全長約1kmなので全部見ると往復2kmでけっこうな運動です

僕は以前来た事があるので今回2回目でしたが

何度来ても感動します

自然の力は凄いですね~^^

 

瀬戸内海の旅09 「東後畑の棚田」

3日目 8/30(日)午後

今夜の宿のある秋吉台へ向かう途中に

「東後畑の棚田」に寄ってみました~

ここは全国棚田100選に選ばれている棚田です

以前「熊野古道」を旅した時にも有名な棚田がありまして

寄ったのですがあの時は着いたのが夜になってしまい

車のライトを照らして見ました^^;

今回はどうかな?

[高画質で再生] 東後畑の棚田
[広告] VPS

今日も天気は悪くあまりぱっとしませんでした・・・残念

結構、道が分かりにくいですね

地元の人に聞いてたどり着きました

棚田は5月くらいの田んぼに水が張った時が一番綺麗なんでしょうね^^

宿

今日の宿に着きました~

秋吉台近くの道の駅です 

今日はここで車中泊

人がほとんどいなかったのでテーブルとイスを出して乾杯です!

今日は結構廻りましたね~ お疲れさん!!

 

瀬戸内海の旅08 「角島」

3日目 8/30(日)午後

やっと「下関」を出発です 長かったですね~

今回は「瀬戸内海の旅」なのですが、なぜか下関から北上し日本海へ・・・

相方がどうしても「角島」が見たいというのでちょっと寄り道です(かなりか)

夫婦岩

 途中「夫婦岩」がありました

「夫婦岩」って意外とどこでもありますよね

日本中旅してきたのでかなり見た思い出があります

イカ釣り漁船

 イカ釣り漁船がけっこうありました

この辺から萩にかけてイカが有名らしいです

相方の夢の一つにイカ釣り漁船に乗ってイカを釣り

その船の上でさばいて活イカをほうばるプランがあるのですが

今回はとりあえず一緒に写真に納まってみました^^

顔は消していますがとても嬉しそうですよ~

プチ情報ですがイカ釣り漁船にいっぱいついているランプを

LED照明に変えるとランニングコストが相当安くなるそうです

角島

さて、そんなことをしている間に日本海!「角島」に到着~!

「角島」は「四日間の奇跡」という映画の舞台となったところです

(旅に行く前に見てみようと思ってたのですが忘れちゃいました・・・

ので映画の内容はわかりません^^;)

本土から角島へ真っ直ぐ伸びる一本の橋が力強いですね~

パンフレットで見た時は海がエメラルドグリーンに輝き

すっごく綺麗だったのですが今日は海が荒れていて残念です

海1

 それでも美しい所です

石の灯台

 石造りの灯台なんかもあります

海2

 とにかく海と砂浜が綺麗です!!

日本海って言うと岸壁に大波が打ち寄せて

「船越さん」が犯人を追いつめているイメージしか浮かびませんが

こんな綺麗な場所もあるもんですな~~

 

 

  

瀬戸内海の旅07 「旧秋田商会ビル」

3日目 8/30(日)午後

下関の最後は「旧秋田商会ビル」の見学です

港からすぐのところにあります

旧秋田商会ビル

 大正4年(1915年)竣工の鉄筋コンクリート造の建物です

ということはもうすぐ100年!? 凄いですね~

最近「長期優良住宅」が話題となっていますが

しっかりとメンテナンスをしていけば100年もつものですね~

屋上庭園があるのもこの建物の特長です

ある研究家によると世界で1・2を争うぐらい早くできた屋上庭園らしいですよ

屋上の松の木がいかにも日本風ですね

外観は洋館なので「和洋折衷」のデザインで面白いですね

1階

 1階は全体を白でまとめた洋風の造りで落ち着きのある空間です

下関の観光案内所になってます

なんだ、初めに来れば良かった・・・

時計 壁に飾られた装飾時計がおしゃれです

階段 階段は木造です 

手摺支柱にある家紋がアクセントになってます

窓の金具 古びた木製サッシの開閉金具がいい味を出してます

障子 2・3階は書院造り 

障子のあかり小窓のデザインがイカしてます

らせん階段 木造のらせん階段って初めて見ました

大正時代にこれって凄い!これが屋上庭園につながっているのかな?

今回は残念ながら屋上には行くことが出来ませんでした

特別な手続きが必要らしいです 見たかったな~

トップライト トップライト?

敷地と道路のほんの少しの隙間にガラスの筒発見!

地下があるらしいのでこれは地下に光を入れるためのトップライトだと

思われます

しかしこんな隙間に・・・アクロバットですね

見上げ

 ほんと、これが大正時代から建っているとは感動です

当時としてはイカしたデザインですよ~

ハイカラさんですね^^

 

天馬

天馬

 今日は近くのうどん屋さんの「天馬」に行ってきました

こっちに引っ越して来たころ、うどん屋さんを探していて

その時初めて入ったお店だったんですが、すっごく美味しいです^^

僕たちはランチタイムしか行かないのですがいつも混んでます

美味しいのはもちろん、ボリュームもあって値段も安いからでしょうね

カキフライ定食

 今日の僕は「カキフライ定食」そろそろこんな季節ですね~

普通の大きさのうどんとカキフライが3個

そしてご飯と漬物がついて800円位 安し!

うどんは讃岐ほどの太さは無いけれど腰があるツルツル系です 美味し!

満腹の量です(炭水化物ばっか食べてまた太るな~)

味噌煮込みうどん

 相方はさらにこの店を気に入ってます

特にこの「味噌煮込みうどん」が^^

僕はあまり名古屋系の食べ物は食べませんが相方はとにかく味噌が好きらしい

いっつも「味噌煮込みうどん」があれば注文していますが

この店のはハマったようです

「味噌が濃厚で、でも最後まで楽しめるスッキリさもあり、麺の腰もよし!」

って言ってました

 

瀬戸内海の旅06 「巌流島」

3日目 8/30(日)午後

唐戸市場でお腹いっぱいになったので

巌流島へ行くことにしました

巌流島への船

 港から巌流島への船が出ているのですがこれって結構お得かも

たしか往復1000円だったと思いますが

関門海峡をぐるっと一周できるのでちょっとしたクルージングみたいです

門司港からタワーや水族館まで 海上から見る景色は格別です^^

巌流島は思っていたよりも小さかったです

巌流島周辺

 そして周りはこんな感じの造船所だらけ・・・ちょっと残念

巌流島

 巌流島は言わずと知れた「武蔵」と「小次郎」の決闘の地です

小次郎 武蔵

「武蔵」と「小次郎」は実際こんな顔だったんでしょうか?

なんかいつも「小次郎」のほうがイケメンに描かれるような気がしますが・・・

決闘

 まあ~お約束なんでこんな感じで相方と戦っときました

丸亀製麺

「麺の道」ってヤツを初めてみました 麺好きなので^^

初めてのアップは今話題の「丸亀製麺」です

丸亀製麺

 僕たちは以前からよく行っていたのですが

最近TVでよく取り上げられているので急に食べたくなったわけです

TVの影響って大きいですね~

ここは沼津ICの近くですが最近「伊豆縦貫道」という道が出来まして

コイツがすっごく便利!!

うちみたいな三島の山奥に住んでいると東名まで出るのが大変でしたが

今ではピューっと10分で着くようになりました!!

よってうどん屋もピューって行けます^^

うどん待ち

 平日のお昼時間を過ぎたというのに店内はかなりの混雑です

でも待ちながらうどんを茹でたり料理する姿が見えるので

待つのも楽しいです なんだかキッチンスタジアムみたい^^

また回転が速いのもいいですね

おろしうどん(冷)

 

かまたまうどん

僕は「おろしうどん(冷)」とかきあげ

相方は定番の「かまたまうどん」です

僕はいっつも「めんたいかまたまうどん」と迷うんですが

どうしても麺を冷水で締めたほうが「腰」が強くなってそれが好きなので

「おろし」なんだな~

いつになったら「めんたいかまたま」が食べれるのか・・・

「かまたまうどん」は釜揚げ状態のうどんに生玉子をぶっかけ混ぜたものです

これも麺はもっちりしていて卵の甘みがあってウマいんだな~

ミニサイズがあったら両方食べれるのにな~

 

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。