スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事務所改修D・I・Y 05

床のデッキが出来上がったので塗装します

to1 

オイルステイン系塗料のバトンを使います

木に染み込むタイプの塗料なので木目が綺麗に浮かびあがり

自然素材塗料なのでシックハウス症候群にもなり難い材料です

to2 

こんな感じで刷毛で塗っていきます

既に木目が浮き出ていますね

本来は木下地に合板を張ったらその上にフローリングを張るのが主流ですが

一般住宅で使われている安い味気ないフローリングを張るくらいなら

合板塗装の方がよっぽど趣のある床に仕上がると思います

to3 

これで1枚仕上がりました

to4 

全部で10枚塗って乾かします

自然塗料なので塗料の嫌な匂いはほとんどありませんね^^

スポンサーサイト

事務所改修D・I・Y 04

前回、今後の事務所引越しを考慮し

床を持ち運べるようなデッキタイプにするところまで説明しましたが

いざデッキ床を敷き込んでみるとなかなか手で持ち上げるのが困難です・・・

よって手掛けをつけることにしました

te1 

で、そのために購入したドリルセット(5本で1,000円位だったかな)

これをインパクトドライバーにセットして穴を開けます

インパクトは先端に付いているドライバーをはずして

いろんなアイテムを取りつけられるのがいいですね

te2 

こんな感じです(なんか強そう^^)

te3 

こんな感じで木に押しあてながらレバーを引くと穴が開いていきます

te4 

デッキの横腹に一つ穴が開きました

まだこれでは手が掛からないので

te5 

同じように連続して3つの穴を開けます

これで指4本が引っかかるのでデッキの持ち運びが

楽になりました^^

瀬戸内海の旅14 「山口ザビエル記念聖堂」

4日目 8/31(月)午後

za1 

山口でどうしても見てみたい教会があった

それがこの「山口ザビエル記念聖堂

みなさんも良く知っているあのフランシスコ・ザビエル

山口で布教活動をしていた記念として建てられた教会です

白い石灰岩大理石)で覆われた建物が手前の緑の芝生によく映え

大屋根が少しずれて配置され、教会建築の持つシンメトリーなイメージを崩した

動きのあるデザインがとても印象的ですね

旅の下準備をしている時この教会を写真でみて

北欧を旅した時の「フィンランド・ロヴァニエミの教会」を思いだしました

za2 

設計は北欧と言ったらこの人「アルバー・アールト」ですが

前面の芝生の広場や白い建物など、形状は違いますが雰囲気はよく似ています

写真では分かりませんが芝生の広場は階段状になっていて

今写真を撮っている場所から少しずつ教会入口に向けて下がって行きます

教会内部の床も祭壇に向けて傾斜していて、教会入口の大きな扉を開放する事で

外部と内部が一体となった大きな階段状の空間(祈りの場)を造っているのです

敷地と建物が一体となった、敷地の持つポテンシャルを最大限に引き出した設計で

当時、非常に感動したのを覚えています(さすがは20世紀の巨匠です)

za3 

アプローチも似ていて下階の事務室・ショップへ行く道と

上階のホールへ行く道と2つあり、ロヴァニエミの教会も芝生の脇に

同じように2つのアプローチが存在します

za4 

石垣石灰岩大理石)を使っているところが凄いですね

さすがは山口、地元秋吉台などで豊富に取れる石灰岩を使っています

地産地消って事ですね

だいぶ風雨にさらされて黒くなっています

これを汚れと見るか、味わいと見るかは人それぞれ違うと思います

海外で石灰岩大理石)が豊富に取れる国などでは普通の住宅に

この大理石を使います 日本では高いイメージがありますが取れる国では

その辺によく転がっている石なので安いのです

鉄道の枕木周辺に敷き込む石も石灰岩大理石)らしいですよ^^

za5 

ちなみにこの写真はクロアチアを旅した時のものですが

街中の床・壁が石灰岩大理石)で出来ています 白一色ですね

奥の家は先ほどの石垣の写真のようにだいぶ汚れていますね

メンテナンスはどうしているのでしょうか?

数年に一度くらいは汚れを落とすのかな?

za6 

床まで落ちてくる大屋根がダイナミックで綺麗ですね

(屋根材は金属です)

za7 

手洗い場も大理石です

これつなぎ目があったかな? 無いとすると一つの大きな石から

掘り出したことになるから凄いですね!!

事務所改修D・I・Y 03

道具もそろったところでさっそく床作りから始めます

今借りている事務所は賃貸なのであまり大がかりな改修は出来ません

また床がコンクリートなので木下地を固定するには

またそれなりの工具が必要となってくるため、今回は既存の床上に

敷き込むようなデッキタイプの床にしようと思います

910mm×1820mmの大きさ(1畳分)を10枚くらいかな

この大きさなら将来ここから引越しても車で運べる大きさなので

リサイクル可能ですね

d-3-1 

まずは木下地となる材料を切っていきます 今回はホワイトウッドを使います

ホワイトウッドとはスプルス(米檜)系の白い材木で

ホームセンターに行くと一番安く手に入ります

非常に柔らかいので加工が楽でDIYには適した材料です

しかし、家を建てる時の構造材としては絶対使ってはいけません

柔らかいので強度も無く白アリの被害を非常にうけやすい木です

最近の建売住宅や規格住宅は価格が安くなってきていますが

どのような材料をどこの部分に使っているか消費者には全くわかりません

とにかく価格を抑えるために構造材としては向いていない安い木を使っている

業者もいっぱいあると聞いていますので気をつけましょう

今回は内装工事なので問題ないでしょう^^

木のカットはノコギリでも問題ないのですが

数があるので電気丸ノコを使います

これは以前から持っていたヤツですが

新しくBOSCHの丸ノコが欲しくなりますね~

d-3-2 

あとは部材をインパクトドライバーを使ってビス止めして

d-3-3 

このような箱型の下地を組み立てます

真中の木に色がついていますがあの木だけ以前から持っていた木なので

経年変化で変色していました(見えなくなる部分なので問題ないでしょう)

d-3-4 

その台の上に厚12mmの合板をビス止めします

合板は12mmと15mmで迷いました

今回はフローリングは張らずこのままの仕上げになるので

15mm板の方が強度が上がるとは思ったのですが

12mm板の方がかなり安い・・・

たった3mmの違いなのですが12mm板の方が世の中の流通量が圧倒的に

多いので安くなるんですね~

とりあえず12mm板を1枚買ってきて下地台の上に張り付け乗ってみたのですが

大丈夫そうだったのでこれで行こうと思います

d-3-5 

裏側はこんな感じになり、これで1枚のデッキが出来上がりました

d-3-6 

コイツを10枚作らなきゃ・・・えらいこっちゃ

瀬戸内海の旅13 「秋吉台国際芸術村」

みなさん、こんばんは

以前「瀬戸内海の旅」というカテゴリでブログをアップしていたのを

覚えているでしょうか?

あれどうなったんですかね~ たしか旅に出て2~3日目で更新止まりましたね~

今日は寒いっすね~ 雨が雪に変わりそうですね~

そんな中、去年の夏の暑い暑い日の思い出の続きをどうぞ!

(今度こそ最後まで書きますね^^;)

 

 

4日目 8/31(月)午後

a1 

秋吉台で大自然を堪能したした後は建築です

一応弊社の研修旅行ですから^^

秋吉台から車で数分のところにある「秋吉台国際芸術村」へ行ってきました

a2 

駐車場から少し歩くと建築家磯崎新」さんの初期のころの

集合住宅が移築されてます(たしか・・すでに記憶が薄い・・・)

すっごく静かなところです 僕たち以外は誰もいません

a3 

その奥に大きな大きな箱ものがあります

こちらが磯崎新さんが設計した芸術村です

外壁は地元秋吉台で採れた石灰岩を張り付けてあるようです

それにしても静かなところです 使用している人はいるのでしょうか?

芝生の手入れをしているおばちゃんが一人いました^^

a4 

玄関近くの事務室に行ってみると、内部を案内してくれるというので

一通り見て回りました(これはラッキーでした)

a5 

大きな長い丸柱を多用したデザインでギリシャ神殿のようですね

 

たった一組だけバンドの練習をしていました

この日はほとんど利用されていませんでした

デザインや建築の出来はさておいて、とても寂しい空間でした

使われていない建築ほど寂しいものはありません

何故こんな山奥にあるんでしょうか?

芸術家が長期滞在して創作活動を行う宿泊施設というコンセプトですが

たしかに緑豊かで落ち着ける環境であることには間違いありません

が、しかし、落ち着きすぎでは?

もっと人が集まる市街地の方が良いのでは?

いろんな人と交わり、いろんな物に触れ、混沌とした空間のなかで

刺激を受けて新しい発想が生まれてくるのではないでしょうか?

だから「箱もの」は必要無いって言われるのです

ギリシャ神殿のように寂しい遺跡にならないで欲しいと願います

 

事務所改修D・I・Y 02

まずD・I・Yを始める前に道具ですね~

と言うことで、以前から欲しかったインパクトドライバー

購入することにしました!

BOSCH2 

ジャン!!BOSCH(ボッシュ)のインパクトドライバーです

メーカーはどこでもよかったんだけどホームセンターに見に行った時に

一番デザインが良く、その他の工具の品数も多く

今後集めるのが楽しそうだったのでこれにしました

BOSCH1 

収納ケースもカッコいいですよね^^

後で調べて知ったのですが、世界的にも有名なメーカーでした

興味のある方はこちらでチェックしてください

http://www.bosch.co.jp/jp/pt/products/lineup.asp?id=2

ちょうどセール中で値段も安くなっていて

バッテリー2個セットで14,800円でした

ちなみにインパクトドライバードリル(バッテリー)ドライバー

性能に大きな違いがあるので購入時に注意する必要があります

簡単に説明すると

インパクトドライバーは打撃を与えながらビスを強力に締めつけます

大工工事に適しています 値段も高く重いです

ドリル(バッテリー)ドライバーはある一定のトルク(強さ)に達すると

空廻りしますので簡単なネジ締めなどに向いています

値段も安く軽いですね

今回はインパクトドライバーの方を購入しましたが

パワーがあるのは良いのですが、重くて重くて・・・

半日使ってると腕がだるくなりますね

BOSCH3 

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。