スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事務所改修D・I・Y 11

pa11 
木製パネルを壁全面に張るために木下地を打ちつけます
p12 
木下地は目地(板と板のすき間)から見えてしまいますので
先に塗装をかけておきます 床と同色の濃いブラウン色です
p13 
下地の塗装をしている間に板を乾燥させます
安い材料なので水分を多く含んでいます このまま張り付けると
後から水分が蒸発して木が収縮してしまってパネルに狂いが出てきますので
p16 
十分乾燥させてから木下地に板を張っていきます
面積が広いのでこの作業が結構大変!!しかも一人なので・・・^^;
p15 
これで全部張り終えました~ ふぅ~ 疲れた
なかなかいい感じじゃん!(自画自賛^^)
一部色がついているところは次の塗装の試し塗りをしたところです
一部奥の板を張っていないところは机を配置すると見えなくなるところ
なので経費節約で板を張るのはやめました^^
スポンサーサイト

瀬戸内海の旅15 「岩国」

またまた久しぶりの「瀬戸内海の旅」のUPです
今年は夏の旅行に行けそうもないので
去年の瀬戸内海を思い出して楽しみます^^


5日目 9/1(火)午前
i1 
今日は朝から山口県岩国市の錦帯橋に来てます
i2 
木造の太鼓橋として有名ですね
今回訪れたのは2回目ですが何度見ても素敵なデザインです
連続するアーチが周囲の自然や城下町にアクセントをあたえながらもマッチしてます
この橋を渡りきると江戸時代にタイムスリップしそうですね^^
i3 
橋の上からの眺めです 渡るのが楽しい橋です
i4 
よって、こんな事もしたくなります
i5 
こんな事もです^^
i6 
時期になると鵜飼いもやってるそうです
屋形船が泊まってます
i7 
松の木ごしの錦帯橋 まるで浮世絵です
i8 
見上げた橋も力強い! そして今日は空が高く青い!
i9 
まるで空に架かる「木造の虹」ですね
i10 
こうやって見ると逆さまのエッフェル塔かな^^
木の構造がよくわかります
何十年に一度、いくつかあるアーチを順番に掛け替えるそうです
ですから新しい素地色のアーチと古い鼠色のアーチが混在してます
i11 
橋を渡るとソフトクリーム屋さんが・・・
このお店は有名でよくTVに出てますね 100種類あるって
i12 i15 
左がその抹茶ソフトで右が岩国レンコンコロッケ
このコロッケはほんとに美味しい!!
レンコンのサクサクした歯ごたえが最高です^^
i16 i14
もうひとつの名物が「岩国寿司」
厚生大臣賞を取ったらしいのでとりあえずパクリ
「錦糸卵が乗っていて鳥そぼろみたいなものも乗っていて
とっても美味しいです」
シルシルミシル堀君風に^^)
i17 
橋を渡ると別世界!武家屋敷風の街並みが続きます
錦帯橋は現在と過去を結ぶ架け橋ですね
i18 
時が止まったこの町でゆっくりとしたひとときを過ごしました^^

 


事務所改修D・I・Y 10

今日からデザインパネル工事に入ります
p1 
まずは下地材となるホワイトウッドの角材
下地なのでこんな綺麗な材料でなくてよかったんだけど
ホームセンターでは杉材の方が高かったのでこちらを選びました
p2 
これが仕上材となる杉の野地板です
表面も磨かれて無く、乾燥も不十分で、サイズも多少ばらつきがあり
仕上材として良い材料とは言えませんが、逆に言えば荒々しい感じが出ます
そして値段が安い! 「90×1800×9」の大きさで1本90円!
今回張る面積が広いのでこの安さは魅力的! 施工は大変ですがこの材料に決定です
p3 
まずは下地材となるホワイトウッドを各寸法に合わせ切って行きます
このぐらい細いと電動ノコギリを使うより普通のノコギリの方が正確に切れますね
p4 
切った材料を既存の額縁に合わせてビス止めします
p5 
こんな感じで既存額縁に合わせて3方の下地が取り付きました
p6 
次は仕上材の杉板を必要な長さに切っていきます
この材料は安いだけあって密度が無く木繊維がスカスカです
段ボールをみたいに力を入れなくても簡単にカット出来ます
p7 
切った杉板を先ほど取り付けた下地にビス止めしていきます
p8 
後は同じ作業を繰り返すのですが、杉板一枚分のすき間をあけて張っていきます
p9 
先ほど長さ調整のために切り落とした杉板をいくつか挟みながら
仕上材を張っていきます
なぜこんな面倒なすき間をあけて板を張るかというと
p10 
このように飾り棚が出来るからです
どこでも好きな場所に好きなだけ、飾り板をすき間にはめ込むことが出来ます
(なぜ日本の歴史・・・しかも史上最強って・・・)
p11 
こんな感じで一番奥の壁をこれから作っていきたいと思ってます^^

アイコ

a1 
うちのアイコちゃんが順調に育ってきました~(フルーツトマトの事ですよ^^)
とは言っても今の梅雨時のトマトは味が薄いんですけどね
トマトはなるべく水をやらない方が甘く濃厚な味になります
水分ばっかり取っちゃうと味が薄まっちゃうんですかね
1個食べてみるとやっぱり味が薄いね~ 早く真夏のトマトが食べたいです
a2 
今日の収穫はこんなところかな
トマトはドレッシングオリーブオイルをかけて食べるといいみたいですよ
なんでいいか忘れた・・・たしか栄養摂取の関係で^^;
キュウリは毎日漬物にしてます
市販の浅漬けの素もいいのですが塩コンブもいいですよ、揉むだけで食べれます
後はトマトとナスを炒めてパスタソースかな、多めに作って余りは冷凍保存です
焼いたフランスパンに乗せて食べても美味しいです
ワインのつまみですね^^

事務所改修D・I・Y 09

ke1 
事務所を温かい雰囲気にするため電球色蛍光灯を買ってきました
カインズホームで40W800円で売ってました
ke2 
一本取り替えてみるとこのくらいの色の違いがあります
左側が普通の白色蛍光灯で右側が電球色蛍光灯です
ke3 
白色蛍光灯だとこのような感じで一般的な事務所の雰囲気です
白色は非常に明るく事務作業に向いています
また手元や机面を照らすタスク照明にも向いています
ke4 
電球色蛍光灯に変えるとこんな感じで温かな空間になります
(この写真はカメラの設定でかなりオレンジ色になってますが
実際はもっと穏やかなオレンジ色です)
電球色のような暖色系の照明は住宅ショップに向いています
気持ちが穏やかになり演出効果が高い色です
また弊社設計事務所のようなクリエイティブな仕事をする空間にも向いています
ちなみに夏は白色系、冬は暖色系の電球に変えると
体感温度は2~3度変わりますので興味ある方は試してみてください^^
(カーテンの色も同様です)

そらまめ

so1 
今年はソラマメが成功しました^^
去年は全然育たなかったな~ 春に種を蒔いたのが遅くて失敗したのかな
今年は去年の冬前に種を蒔いて、ある程度育ってから越冬させたら
今年の4月には沢山実がなりました
やっぱり手をかけないとしっかり育ちませんね^^
so2 
大きさもいい感じ 15cmくらいがベストかな
上を向いてなっているソラマメが下を向きだしたら取りごろらしいです
so3 
1分半くらい塩茹でしてビールのおつまみに^^
硬めが好きですね
みなさんはソラマメの皮は取る派・食べる派ですか?
僕は何でも皮は食べる派です
食べ物は硬く歯ごたえがあるものが好きですね^^

七夕

御殿場高原ビール「時之栖」に行ってきました
go1 
施設内は紫陽花でいっぱいでした
go2 
僕たちは夜に行ったのでもう終わってましたが
只今「紫陽花市」をやってるそうです(7月中旬ころまで)
go3 
今日は姫が愛車「マウンテンバギー」で初めてのお散歩です^^
どうですか?乗り心地は?・・・?返事無し・・・そうですか・・・
go4 
とりあえず腹ごしらえするために御殿場高原ビール
初めて入りましたがなんか凄い・・・
イルミネーションやら国旗やらで派手ですね~
go5 
まあまあ、とりあえずビールで乾杯(とりビーで)!!
相方は運転があるのでジンジャーエールです
僕が飲んだのはバイツェンポップ?とか言ってたかな?
正式名は忘れましたけどアルコール度数が強くコクがあって美味しいね~
go6 
食べ物はつまみ系です^^
go7 
2杯目は黒ビール
ここの黒ビールは凄くサッパリしているので飲みやすいですね
僕はもっとコクがあって苦みがある方が好きかな
go8 
けっこううるさい店内だったのですが姫は静かにしていました
よかったよかった^^
go9 
本題はこっちです(飲みに行ったわけではない)
只今「2010年夏の銀河祭り」として天の川イルミネーションが行われてます
桜並木の空に200メートルの天の川が流れています
とても幻想的で短冊もいっぱいありますね~
go10 
天下統一
なるほど~ なるほどなるほど 壮大な夢ですな~
go11 
「世界の平和 日本の再生」 小沢一郎
なるほど~ ・・・? マジで!? うそでしょ!?
go12 
教会もイルミネーションで飾られて綺麗ですね
冬のイルミネーションは有名ですが夏もやってたんですね
毎年見に来たいと思います(飲みに来たいの間違いですかね^^;)

マウンテンバギー

ku1
ベビーカーを購入するため静岡市のクウィール静岡さんへ行ってきました
ku2 
ベビーカーについていろいろ調べた結果
旅好きの僕たち家族にとって「マウンテンバギー」が一番いいんじゃん!ということで
この辺で唯一この商品を取り扱っているクウィール静岡さんへお邪魔しました
ku3 
ジャン!!これが「マウンテンバギー」!!
簡単に言うとマウンテンバイクみたいなベビーカーですね^^
太いタイヤと軽くて丈夫なアルミパイプで構成されています
ku4 ku5
特長としてはとにかくタイヤがデカいです!
マウンテンバイクのようなゴムタイヤでエアーも入れられます
左側の写真は付属の空気入れです
店長いわく少し空気を抜いて柔らかくした方がクッション性がよくなるそうです
自転車のタイヤと同じなのでパンクもするそうです^^;
趣味でマウンテンバイクをやっているのですが
その時はパンク修理を自分でやってるのでコイツも問題無いでしょう
このようなタイヤなので、とにかくクッション性が抜群です!
砂利道もスイスイと、段差もグイグイ越えていきます^^
右側の写真は前方車輪を固定するツマミです
前方の車輪が360度回転するタイプのバギーは他社にもあるのですが
固定出来るのはこのメーカーだけかな?
360度回転すると小回りが良くその場でクルクル回転出来ます
ロックすると直線的な走行が安定します
ku6 ku7
ハンドルの位置も動かすことが出来るので
子供から大人まで無理なく操作することが出来ます


そして一番気にいったのはデザインです
中敷きというか、子供が乗るところのフリース素材のインナーが
とてもカラフルで目を引きます
このインナーは取り外しが出来て洗えますし
リバーシブルになっているので気分転換に色を変える事も出来ます
r1 r2 
これがグリーンとブラウンのセット
r3  r4
ベージュと紺のセット
r5  r9
赤と黒のセット
r7 r8
紫とピンクのセット
僕たちは紫とピンクのリバーシブルにしたのですが
この色は2009年モデルでもう生産していなくこれが最後の一つでした
良かった~ この一番派手な色が買えて^^
あとの色は2010年モデルなのでこれからも買えますよ~
このクウィール静岡さんの店長さんがとても優しくいい人で
取り扱い説明もしっかり分かりやすくしてくれましたし
全色写真に撮りたいとワガママを言ったのですが嫌な顔ひとつしないで
インナーを取り換えたり、裏返しにしたり懸命にやってくれました
ご迷惑おかけしました ありがとうございました^^
ちなみにこのインナーシートは本来は別売りですが今回サービスでつけてくれました
re1 ka2
さらに左側はレインカバーで右側が虫除けカバーですが
これも本来は別売りですが今回はサービスでついていました
店長さん、いろいろありがとうございました^^
早く姫を連れて「ぶらり3羽烏の旅」に出かけたいです


ba1 
その他にクウィール静岡さんでは今話題の髪の毛からダイヤモンドを作ることも
出来るそうですよ
人生の記念日に必要な商品をそろえてあるそうです
気になる方はホームページでチェックして見てください

《クウィール静岡》

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。