スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イチョウの紅葉

諸事情により、なかなかブログの更新が出来ません。
落ち着くまで少々お待ち下さい。

イチョウとテルマ 
急に寒くなってきました。
今年は紅葉が綺麗です。
紅葉というと赤やオレンジ色が浮かびますが、イチョウの黄色の紅葉も見事です。
テルマも「黄金のベッド」に寝てみたいかな^^


三島ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ノロウイルス

ノロウイルスが例年よりも早く流行り出したそうです。
静岡県にも注意報が出たようですのでみなさんも注意しましよう。

予防方法としては
一つ目は手洗いをすること。当たり前ですね。ただ石鹸で手を洗う時よりも
手を水で流す時の方が大事らしいです。15秒以上流した方がいいみたいです。
アルコール消毒はすぐに蒸発してしまうので、あまり効果が無いとか
(やらないよりはマシらしいですが)
二つ目は帰ってきたらすぐに服を着替えること(結構めんどくさいかも)。
三つ目は家のタオルをこまめに変えること。タオルを介して家族に感染していくようです。
使い捨てのペーパータオルを使うのが一番ですかね(お金掛かりますが)。

でもね、室内でいろんなことをやって見ても、玄関周辺では必ず菌に接触しますよね。
玄関ドアのハンドルには外から持ち帰ったいろんな菌がウジャウジャついてますね。
いっそのこと玄関ドアを自動ドアにしますか?
そこまでしなくても玄関に手洗器を設置するのは良い考えだと思います。


おはようございます。GO_ANの「しけうどん」です。
今日の富士山(10/11/19)。
雪がかなり積もりました。
fuji 

一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


三島ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
にほんブログ村

サツマイモふかす

今朝は日本がTPPに参加するとかしないとかで盛り上がっていましたが、どっちがいいんでしょうかね~
参加すれば関税が無くなるので日本に安く商品が入ってきたり、いままで見たことの無い商品も入ってくるかもしれません。消費者としては楽しみが増えます。
日本製品も海外で売るときに関税がかからなくなるので価格が安くなり品質のよい日本製は今よりもっと売れるでしょう。
日本は輸入国家であり輸出国家でもありますのでTPPに参加すれば日本経済は盛りあがると思います。輸入業者や輸出業者はウハウハでしょうね。
でも日本国内で頑張っている人たちはどうなんでしょうかね?とくに農業・漁業・林業などの第1次産業の人たちは滅んでいくのでしょうか?
僕は個人的意見として21世紀は第1次産業の時代だと思っています。建築という仕事をしている関係で一番重要になる産業は林業だと思っています。
林業についてはそのうちどこかで話していきたいと思っています。
日本がTPPに参加したとしても僕は毎週「伊豆・村の駅」で地元の人たちが作った野菜や地元で捕れた魚を買っていきたいと思います。安くて安全なので外国産が入ってきても決して負けないと思いますよ^^地元ガンバレ!!^^

おはおうございます。GO_ANの「しけうどん」です。


昨日掘ったサツマイモを料理してみました(ここにも自給自足の人がいましたね^^)
サツマイモ01 
料理といってもレミパンで吹かしただけです^^;
サツマイモ02 
でもこれが美味しいのなんのって!!
甘さ控えめで自然の味って感じです(ただ肥料をあたえていなかったので薄味かな^^;)
でもちょこっと塩を付けて食べるとメッチャ甘いですね~
知人にもおすそ分けしましたが、大好評です!イモって楽でいいな~^^
サツマイモ03 
もう一品はタマネギサツマイモのお味噌汁です。
タマネギサツマイモの組み合わせは最高ですね。お互いの甘みがブレンドしてる。
この秋はサツマイモ料理だらけになりそうです。
プップ、プップーっと部屋が臭くなるかな^^



一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら



三島ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
にほんブログ村

サツマイモ掘り

今朝の「とくダネ!」で「英語にしたらカッコイイ都道府県名ランキング」なるものを
やってました
最近ランキング形式の番組も流行ってますね
静岡県を英語にすると「サイレントヒル」になるそうで、なかなかカッコイイと
個人的には思ったのですが、残念ながら5位以内には入ってませんでした。
栄えある第1位は青森県!!「ブルーフォレスト」!!
神秘的・ヨーロッパ風ということで人気があったそうです。
みなさんの県名も英語にしたらカッコイイですかね。

おはようございます。GO_ANの「しけうどん」です。

今日は久しぶりに「しけうどん菜園」のUPです。
サツマイモ01 
うちの庭に今年の初夏に植えたサツマイモが成長して駐車場のアスファルトの方まで
侵食して来ましたので収穫することにしました。
サツマイモは今年初めてなので良く分かりませんが、たぶん11月が収穫なのかな?
植えただけで何も手入れはしませんでしたのでちゃんと実っているか心配です。
サツマイモ02 
掘ってみると何ですか、この物体は!?コレってサツマイモ・・・キモイ・・・
触りたくない・・・
ヤバいかも・・・
サツマイモ03 
ふう~良かった~~~普通のイメージ通りのサツマイモも出てきました^^
サツマイモがあんな形をしていたら、イモ掘りに行った園児たちはみんな大泣きですね^^;
サツマイモ04 
全部でちょうど100個のサツマイモが取れました。鮮やかな赤紫色で綺麗ですね。
でもサツマイモは掘るのが結構大変です。ジャガイモは茎をひっこ抜けばゴロゴロと出てきますが
サツマイモは土の中深くに縦に突き刺さって埋まっていて、無理に引き抜くと折れてしまうので
周りの土をかき出すように掘り進めます。結構腕が重いです・・・
サツマイモ05 
こいつは一般的な形で美味しそうですが
サツマイモ06 
この子は誰ですか・・・食べれますか・・・何度見てもキモイ・・・



一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら



三島ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
にほんブログ村

日本の住宅は長持ちしない

長期優良住宅」の具体的なお話の前に、日本の住宅についての予備知識を
少しお話しておきます。


日本の住宅利用期間は平均30年
長期01 
上の棒グラフでもわかるように、日本では取り壊される住宅の平均築後経過年数は約30年と、イギリスの約77年、アメリカの約55年に比べるとはるかに短くなっています。

もちろん、各国の自然条件や地震の発生頻度、国民性の違いなどがあり単純に比較することは出来ません。

例えばヨーロッパ諸国では建築は「」の文化です。これは良質ながたくさん取れるという材料要因や、比較的乾燥しているので結露しにくいといった気候要因、また組積構造(やレンガを積み上げること)で建物を作っても地震が少ないので壊れにくいという構造的要因があるからこそ成り立つ文化です。そしてよりも耐久性のある材料ですので建物も長持ちします。

それに比べて日本の建築は「」の文化です。これは良質ながたくさん取れるという材料要因や、夏は湿度が多く冬は乾燥するといった気候に対しての持つ調湿機能(空気中の水分を吸ったり吐いたりする機能)が有効であることや、の持つ軽くてしなやかな構造が地震にも有効であるといった構造的要因などから成り立つ文化です。が、しかし耐久性の面から言うとよりも劣ります。昨日TV番組の「鉄腕ダッシュ」でダッシュ村の茅葺き屋根の修繕をやっていましたが、の建築はこまめにメンテナンスを行う必要があります。

ただし、このような材料の耐久性だけが「長持ちしない住宅」の原因ではないと思います。の建築だって作ってすぐに壊すことは可能です。木の建築だって何百年と建っている寺院もいっぱいあります。僕は一番の問題は日本人の考え方や意識の問題だと思っています。

次回は日本人の考え方をベースに「なぜ住宅が長持ちしないのか?」を考えて行きたいと思います。



一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


弊社は「一般社団法人すまいづくりまちづくりセンター連合会」の
長期優良住宅の設計を行う建築設計事務所」に登録されています。
こちらのホームページもどうぞ


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

西湖 いやしの里 根場

みなさんは「富士五湖」全てを言えるでしょうか?
山中湖、河口湖、本栖湖は有名ですが精進湖、西湖はマイナーなイメージがあります。
ときどき芦ノ湖を富士五湖に入れる人がいますが、それは間違いです。残念です。

そんなマイナーな存在の西湖に「西湖いやしの里根場」という素晴らしい場所があります。
僕も富士五湖周辺はよくドライブに行くのですが、つい最近まで全然知りませんでした。

いやしの里01 

写真では分かりづらいですが茅葺き屋根の集落です。
案内所の係員に聞いた情報ですと、昔からこの西湖の畔には茅葺き屋根の集落があったのですが
一度土石流の災害にあい、集落全体が消滅したそうです。
その後この美しい集落を再現して観光名所にしたのが「西湖いやしの里根場」だそうです。
今は茅葺き屋根の古民家はお土産屋やレストランや体験コーナーになっています。
最近「いい旅夢気分」で紹介されて、それ以来たくさんの観光客が来るようになったそうです。

「西湖いやしの里根場」のHPはこちら

いやしの里02 
でもここの一番の売りはこの景色でしょう。
富士山青木ヶ原茅葺き集落は絵になります。今は紅葉も見ごろです。

いやしの里03 

昨日は祭日だったので、集落の広場で餅つきが行われました。
僕の相方のお父さんも餅つきに参加^^。
このようなイベントがよく行われているようなので興味のある方はHPでチェックして下さい。

いやしの里04 

お昼はこの集落にあるこんにゃく会席料理屋の「一粒」で頂きました。
こんにゃくの刺身や天ぷら、ステーキなど普段食べられないものばかり。
とくにお刺身は「トロこんにゃく」と言って口に入れると溶けてしまう不思議なこんにゃくです。
とてもヘルシーで美味しかったです。
今度は冬の雪の積もった集落を見てみたいですね。
白川郷まで行かなくていいかも^^。


国内旅行ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

「長期優良住宅」について

長期優良住宅  
みなさんは「長期優良住宅」という言葉を聞いたことがありますか?
最近は住宅販売用チラシにも「長期優良住宅」という文字がおどっていますので
目にした方もいらっしゃるかもしれません。

簡単にご説明しますと
2006年に「住生活基本法」が施行されまして、国の方針が
今までのような「作っては壊す」といった「ビルド&クラッシュ」の消費型社会から
「良い物を作って、きちんと手入れして長く使おう」という
ストック型社会へ転換されました。
そして、この法律のもとに作られる住宅を「長期優良住宅」と言います。

長期優良住宅」のメリットとしては大きく分けて3つあり
1.資源の有効利用や地球温暖化防止を図れるなど「環境負荷の低減」
2.住宅の建て替えを減らすなどの「国民負担の軽減」
3.住宅の資産価値を高めるなどの「国民資産の向上」
が挙げられますが、皆さんが一番気になるのは
3番の「国民資産の向上」ではないでしょうか?

現行の建築基準法に則って建てられた一般住宅の場合
住宅の価値は10年で半額、20年で価値無しというのが一般的な査定です。
例えば建設費2000万円の住宅の場合(土地代金は除く)
築10年で1000万円、築20年で0円になります。
(もちろん仕様や広さ、劣化状況で金額は変わりますが)
価値が無いので「壊してまた作る」というのが今までのやり方でしたが
それを「長期優良住宅」を作って20年経っても住宅に価値を付けようと
考え方に変わってきたわけです。

但し、「長期優良住宅」を作るには一般的な住宅を作るよりもお金が掛かります。
そうするとトータルで考えると損なのか?得なのか?
またどんな住宅なの?とうやって作るの?
などの疑問を皆さんお持ちになると思いますので
これから数回に分けて「長期優良住宅」について詳しくお話していきますので
よろしくお願いします。


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。