スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産・吉野の桜「下千本」

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


吉野桜01 
4月14・15日に世界遺産吉野町の桜を見に行ってきました
今年の春、テルマが1歳を迎えるので伊勢神宮へのお参りも兼ねての花見旅行です^^
奈良県吉野町は静岡からは遠いね~
朝出て行きましたが着いたのは午後2時、休憩入れて約6時間はかかります
平日なのに下千本の駐車場は満車!でも少し待って入る事が出来ました
駐車場に裏山の桜もこんなに綺麗です^^
吉野桜02
吉野の桜は約3万本ある言われていますが
下千本・中千本・上千本・奥千本の4つのブロックに分かれています
(4つ合わせて4千本?残りの2万6千本はいずこに・・・まっいいか)
下千本の駐車場に車を停めて中千本、上千本に上がって行く人が多いです
4月の中旬でしたが下千本は満開か少し散り始めです
ひと山まるまる桜の景色は見事です^^
吉野桜03 
こちらは下千本にある無料休憩所
桜山を見下ろすように突き出た展望台のようになっていますが
建物で切り取られた桜がまるで屛風絵のようで、いつまでも眺めていたくなります^^


国内旅行ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね
^^
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

旭ヶ丘新築工事11

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


断熱材01 
前回は床の断熱についてお話しましたので、今回は壁・天井の断熱についてです
写真に見える黄色いマットのようなものが住宅で使われる一般的な断熱材の
「グラスウール」という材料で、文字通りガラス繊維を綿状にしてありフワフワしています
簡単に言うとダウンジャケットのようなものです
断熱材02 
これを壁の内部や天井裏にすき間なく敷き込んでいきます
今回はエコポイント申請も長期優良住宅申請も致しませんので
密度10kg/m3の厚さ100mmの物を使用しています

住宅の断熱性能の標準仕様についてはここ数年で大きく変わろうとしています
3~4年前まではほとんどの住宅は「新省エネ基準(等級3)」をベースに設計されていましたが
現在は長期優良住宅やエコポイントの普及に伴い「次世代省エネ基準(等級4)」をベースに
設計されることが多くなってきています

例を上げると
数年前までは壁に充填するグラスウールの厚みは50~75mmが標準でしたが
現在では100mmが標準仕様になりつつあります
ですから5年くらい前に住宅を建てた方と今年住宅を建てた方を比較すると
今年建てた方の方が約2倍の断熱材が入っている可能性もあるわけです
(注意:もちろん施工費は以前より上がります。また断熱性能は上がりますが
    2倍になっているわけではありません)
ですから、リフォームをするときには断熱改修も是非行った方がよいと思います

それと断熱材を厚みだけで判断してはいけません、密度も重要になってきます
同じ100mmの厚さでも密度が10kg/m3のものと24kg/m3のものでは
断熱性能は大分違ってきます(24kg/m3の方が性能は良い)
ですから施工会社さんに断熱性能の件を問合せするときには
材料名と厚さ、そして密度まできちっと聞いて検討するとよいでしょう


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

マルチング

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


マルチ01 
今年からジャガイモはマルチングをしてみようと思ってます
マルチングとは写真の黒いビニルシート(マルチシート)を土にかぶせることを言います
地温を上げたり、雑草が生えるのを抑えたり、野菜への泥の跳ね返りを抑えたりと
いろいろな効果があるそうです
マルチ02 
こんな感じで畝全体にシートを敷いて行きます
マルチ03 
次に種イモを植える穴をスコップで開けます
倉庫にあった木片(こっぱ)がちょうど30cmだったので、そいつを利用しての穴開けです
マルチ04 
そして、これが植える4日前に切った種イモ
切断面に膜が出来てます
この膜が植えた時の腐食防止になります
マルチ05 
そして土を6cm掘って、芽が出ている部分を上にして種イモを植えます
今年もいっぱい出来ますように^^


三島ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね
^^
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
にほんブログ村

富士霊園の桜

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


富士霊園01 
4/17(日)に富士霊園にお墓参り兼お花見に行ってきました
今年は大震災の影響でどうかな?と思っていたのですが、この混みよう!
でも桜も満開で天気も良くて良かった^^
富士霊園02 
お墓から桜が見えるのがいいですね
母親はお墓に入った後も桜を楽しめると喜んでいます^^
富士霊園03 
テルマもお墓参り楽しそうです^^
富士霊園04 
お墓参りの後は桜の木の下でお花見
良い場所が空いていて良かった^^
ちなみに、お墓参りに来た参拝者は優先的に駐車場に停められます
桜だけ見に来た一般観光客は後回しにされますので注意してください
富士霊園05 
富士霊園事務所横のしだれ桜は最高ですので
行かれた方は是非見てくださいね^^


国内旅行ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね
^^
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事10

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


床断熱01 
断熱工事が始まりました
まずは床からです
写真にある薄水色の発泡スチロールみたいなものが断熱材です
床断熱02 
床の根太(床板を支える木材)の間にすき間なく断熱材を詰め込んでいきます
この断熱材はカッターで好きな形・大きさにカット出来ます
床断熱03 
床下から見るとこんな感じで、断熱材が綺麗に木と木の間にセットされています
床下は外部と同様の温度です
写真の奥に細長く光が見えますが、あれが床下換気口で
外から外気が床下に流れ込んで、また外に出ていくことで
床下の湿度を調整しています
床下の湿度が高いと木が腐りますので、換気をすることは非常に大切ですが
その分床下が寒くなったり暑くなったりしますので
床板の下で断熱をする事が重要です
最近の住宅は当たり前のように床下断熱をしてますが
昔の住宅は床下断熱材が入っていないことが多いので
リフォームするときは断熱リフォームも一緒にすることをお勧めします


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

土作り

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


土作り01 
毎年、この土作りが大変です^^;
これも毎年思うのですが家庭菜園用の耕耘機が欲しいです
たしかホンダから出ているヤツが8万円位だったかな・・・高い・・・
土作り02 
鍬で耕したら石灰を蒔いて弱アルカリ性にします
土作り03 
今年からは有機石灰を使ってみます
土作り04 
次に肥料を蒔きます
土作り05 
最近はこの「けいふん(鳥のフン)」ですね
有機肥料ですし、非常に安い!一袋145円です^^
野菜専用の肥料も売っていますが非常に高いので面積が広いと大変です
土作り06 
そして今年からの新兵器、
亀山製材所さんから頂いた木の皮を混ぜてみます
写真に写っている大きな木の皮は耕しにくかったので
あとで取り除きました
これで上手く野菜が出来るといいな~^^


三島ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね
^^
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事09

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


瓦01 
今回は瓦屋根を採用しています
野地板合板の上に防水をして瓦下地を木で作り、その上に瓦を敷いて下地に打っていきます
瓦02 
よく瓦屋根と金属屋根ではどっちがいいの?と聞かれる事がありますが
それはケースバイケースですね
どちらも長所・短所がありますので、それぞれの性質を理解してから採用することが大切です
例えば瓦の長所は
・耐久性があるので長持ちします
・遮音性があるので雨の音など気になりません
・断熱性があるので天井裏の温度を低く保てます
短所は
・重量があるので地震に対して弱く、構造体をいつもより強くする必要があります
・落下の危険性があります
・価格が高いです

金属屋根は瓦の反対の長所短所があります
デザインや予算、気候などを考慮してどちらか選択することが大切です


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

木のアウトレット

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


亀山01 
亀山製材所の敷地です
広いですね~
肥料02 
その敷地の道路に面した一角に「木のアウトレットコーナー」があります
うちの事務所の改修工事の時はよくここで材料を買わせて頂きました
手書きの看板が味があります^^
亀山02 
さらに最近敷地内に大きな「木のアウトレット本館」が出来ました!
またまた手書きの看板!
こっちの方が後から出来たのに「本館」とは・・・
亀山03 
中は広いっす!!
材料も豊富で安いです^^
亀山04 
手軽に買えるまな板なんかも売ってます
社長に聞いたところ、まな板には少し弾力性がある銀杏(イチョウ)の木が
一番適しているとのこと
知りませんでした~勉強になります^^


三島ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね
^^
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
にほんブログ村

木の皮肥料

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


肥料01 
いつもアウトレットの材木を買っている静岡市の亀山製作所さん
肥料03 
まえから気になっていたこの看板
この件について社長に聞いてみると
木の皮を土に混ぜると良い肥料になるそうです
近くの農家や家庭菜園をやっている人たちがよくもらいに来るそうなので
僕の「しけうどん菜園」も今年は真似してみようと思います
肥料04 
これが木の皮です
工場敷地内にあるので、一声かけて入って下さい
肥料05 
こんなに頂いちゃいました~
車がウイリーしちゃいそうです^^;
実はこの後も数回頂いてます^^
ありがとうございます
今年は味の良い野菜が出来るかな~


三島ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね
^^

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
にほんブログ村

旭ヶ丘新築工事08

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


ケナボード01 
住宅の骨組みが完成したら、外壁下地を張っていきます
耐力壁にするため、よく使われるのが針葉樹の構造用合板なのですが
今回はパナソニックが出している「ケナボード」を張りました
「ケナボード」とはエコ素材のケナフ(植物)から出来ている耐力壁用のボードで
厚みは4.5mmと普通の構造用合板の半分以下の厚みで
非常に薄く、さらに非常に軽い材料です
それでも針葉樹の構造用合板よりも強度が有ります
少し高い材料ですが、現場での作業性(一人で軽々運べるので)を考えると
なかなか良い商品です
ケナボード02 
耐力壁で一番重要なのはこの釘です
CN50(約5cm)の釘を使った場合は10cm間隔で打っていきます
写真の黒い線が10cm、釘に書いてある数字50がCN50の釘の意味です
ここをきちっとチェックしなければいけません
手抜き工事では10cm以下に釘が打たれていない事があるので
注意が必要です


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。