スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の家29

今日は家具を紹介します

いくつかありますが今回一番のメイン家具はLDKの中央に配置する

「花台・パソコンカウンター」です

カウンター部品

 まずはカウンター部品が現場に搬入されます

数枚のカウンター天板(集成材)を組み合わせていくのですが

1枚1枚曲線のデザインが違います

一見大変そうですが今はコンピュータの時代でカットはとても楽です

弊社で描いた家具詳細図を業者に渡し

あとはデータを入力すれば機械が図面通りにカットしてくれます

もちろんある程度コストはかかりますので一般的な家具より高くつきますが

この家具はLDK空間を形造る最も重要な要素となりますので奮発しました

カウンター組み立て1 

 カウンターを組み立てます

一番上にくるカウンター天板をひっくり返して7本の脚をつけていきます

この脚の位置が重要です

全ての板の大きさや形が違うので下手な位置に取り付けると

出来上がった時にバランスを崩しカウンターが倒れてしまいます

この脚の位置や家具の組み立て方などは何度も家具業者と

打ち合わせをして決定しました

脚の中央部にある細い鉄の棒が「芯」になっていて全ての板を貫通し

黒く太い部分が各板間で荷重を受けます

カウンター組み立て2

 そして同じ作業を繰り返してカウンターを組み立てていきます

なんか「木」を縫っている感じです^^

カウンター組み立て3

 そして全ての板を取付終えたらひっくり返します

よかった~^^ バランスを崩さないで一人で立ってますね~^^

脚は各板間で途切れているのですがこうやって見ると

「黒い鉄の脚」が板を貫通しているように見えます

カウンター塗装

 無塗装でも凄く綺麗なのですが今回は周囲の色と同色系で塗装します

空間全体を「チーク色」でまとめています

カウンター完成

 前回紹介したキッチン受けカウンターに絡ませるように

「花台・パソコンカウンター」を設置して完成!

手前の円形部分に花を置き 中央部分にパソコン本体を置いて

まだこれから取り付けるのですが中央凹み部分にガラス天板を設置して

そこにキーボードとマウスがきます

奥の円形部分はプリンタ系ですね

下部の3枚のカウンター部分には雑誌や小物・写真などを飾る予定です

家具1 家具2

家具4 家具3

その他の家具も同様のコンセプトで設計しています

何故いくつものカウンターを連続させるのかというと

とにかく施主が持っている置物や写真建てが多いからです

それらをどのように飾るかを考えてのデザインとなっています

綺麗に飾れるといいですね^^

 

 

 

コメント

(*^^*) chipa : 2009/09/21 (月) 17:34:21 修正

こんにちは(*^^*)/
すごい、お洒落でいいですね~♪

コンピュータで!?
自分の望んだものが、形になるって
いいですよね♪

私も家をたてるときには、こだわりたい
ところ満載です(*^^*)

Re:(*^^*) しけうどん : 2009/09/24 (木) 10:57:31 修正

chipaさん、こんにちは^^
そうですね、自分の家を建てる時はとことんこだわりたいですね!
でもこだわり過ぎるて予算オーバーって事がよくあります^^;
伊豆にも良い建築いっぱいありますよね
もっといろいろ見て回って「伊豆建築マップ」みたいな物を
作ってみたいです^^
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。