スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内海の旅13 「秋吉台国際芸術村」

みなさん、こんばんは

以前「瀬戸内海の旅」というカテゴリでブログをアップしていたのを

覚えているでしょうか?

あれどうなったんですかね~ たしか旅に出て2~3日目で更新止まりましたね~

今日は寒いっすね~ 雨が雪に変わりそうですね~

そんな中、去年の夏の暑い暑い日の思い出の続きをどうぞ!

(今度こそ最後まで書きますね^^;)

 

 

4日目 8/31(月)午後

a1 

秋吉台で大自然を堪能したした後は建築です

一応弊社の研修旅行ですから^^

秋吉台から車で数分のところにある「秋吉台国際芸術村」へ行ってきました

a2 

駐車場から少し歩くと建築家磯崎新」さんの初期のころの

集合住宅が移築されてます(たしか・・すでに記憶が薄い・・・)

すっごく静かなところです 僕たち以外は誰もいません

a3 

その奥に大きな大きな箱ものがあります

こちらが磯崎新さんが設計した芸術村です

外壁は地元秋吉台で採れた石灰岩を張り付けてあるようです

それにしても静かなところです 使用している人はいるのでしょうか?

芝生の手入れをしているおばちゃんが一人いました^^

a4 

玄関近くの事務室に行ってみると、内部を案内してくれるというので

一通り見て回りました(これはラッキーでした)

a5 

大きな長い丸柱を多用したデザインでギリシャ神殿のようですね

 

たった一組だけバンドの練習をしていました

この日はほとんど利用されていませんでした

デザインや建築の出来はさておいて、とても寂しい空間でした

使われていない建築ほど寂しいものはありません

何故こんな山奥にあるんでしょうか?

芸術家が長期滞在して創作活動を行う宿泊施設というコンセプトですが

たしかに緑豊かで落ち着ける環境であることには間違いありません

が、しかし、落ち着きすぎでは?

もっと人が集まる市街地の方が良いのでは?

いろんな人と交わり、いろんな物に触れ、混沌とした空間のなかで

刺激を受けて新しい発想が生まれてくるのではないでしょうか?

だから「箱もの」は必要無いって言われるのです

ギリシャ神殿のように寂しい遺跡にならないで欲しいと願います

 

コメント

(*^^*) chipa : 2010/03/07 (日) 21:14:45 修正

こんばんは♪
なかなか壮大な建物ですね~
柱は確かにパルテノン神殿っぽい。
こういう場所は、生活から離れさせて
くれて、新しい発見、リフレッシュが
できそうです。

確かに、さみしい場所にはなってほしくない
ですね。

RE:(*^^*) しけうどん : 2010/03/07 (日) 22:04:04 修正

chipaさん、こんばんは^^
久しぶりに「瀬戸内海の旅」を更新しました
早く書かないと忘れそう・・・

ほんと、現代版パルテノンですね
たしかにリフレッシュは出来ますね^^
セミばっかでしたよ
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。