スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭ヶ丘新築工事04

配筋検査が終わると型枠内にコンクリートを流し込みます
基礎工事01 
コンクリートが固まったところで型枠を取り外します
基礎工事02 
全部取り外すとこんな感じ
基礎から飛び出ている金物は土台と基礎を固定するアンカーボルトです
いつも思うのですが、この状態だととても小さく感じます^^
基礎工事03 
その基礎の上にこのようなプラスチックの「基礎パッキン」を置きます
基礎工事04 
そして土台の凸と凹の継ぎ手を合わせて先ほどの基礎パッキンの上に設置します
基礎工事05 
このようにコンクリート基礎の上には全て土台が設置されます
基礎工事06 
先ほどの「基礎パッキン」を横から見ると、このように2cmはどのすき間が開きます
これは床と基礎の間の空気を換気するための通気口です
基礎工事07 
最後にすき間から虫などが入り込まないように防虫カバーと取り付けます^^


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

コメント

(*^^*) chipa : 2011/03/11 (金) 21:52:02 修正

こんばんは。
地震の被害ありませんでしたか?
大丈夫でしたか?

こちらは、揺れましたが大丈夫でした。

余震が続きます。
お互い気をつけましょう。

RE:(*^^*) しけうどん : 2011/03/12 (土) 11:33:37 修正

chipaさん、こんにちは^^
こっちもだいぶ揺れましたが
本が落ちたくらいですみました
そちらは津波の心配もあるので
気をつけてください
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。