スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭ヶ丘新築工事08

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


ケナボード01 
住宅の骨組みが完成したら、外壁下地を張っていきます
耐力壁にするため、よく使われるのが針葉樹の構造用合板なのですが
今回はパナソニックが出している「ケナボード」を張りました
「ケナボード」とはエコ素材のケナフ(植物)から出来ている耐力壁用のボードで
厚みは4.5mmと普通の構造用合板の半分以下の厚みで
非常に薄く、さらに非常に軽い材料です
それでも針葉樹の構造用合板よりも強度が有ります
少し高い材料ですが、現場での作業性(一人で軽々運べるので)を考えると
なかなか良い商品です
ケナボード02 
耐力壁で一番重要なのはこの釘です
CN50(約5cm)の釘を使った場合は10cm間隔で打っていきます
写真の黒い線が10cm、釘に書いてある数字50がCN50の釘の意味です
ここをきちっとチェックしなければいけません
手抜き工事では10cm以下に釘が打たれていない事があるので
注意が必要です


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。