スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭ヶ丘新築工事10

このたびの東日本大震災により、被災された皆さま、そのご家族の方々に対しまして
心よりお見舞い申し上げるとともに犠牲になられた方々に対しまして
謹んでお悔やみ申し上げます
一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます


床断熱01 
断熱工事が始まりました
まずは床からです
写真にある薄水色の発泡スチロールみたいなものが断熱材です
床断熱02 
床の根太(床板を支える木材)の間にすき間なく断熱材を詰め込んでいきます
この断熱材はカッターで好きな形・大きさにカット出来ます
床断熱03 
床下から見るとこんな感じで、断熱材が綺麗に木と木の間にセットされています
床下は外部と同様の温度です
写真の奥に細長く光が見えますが、あれが床下換気口で
外から外気が床下に流れ込んで、また外に出ていくことで
床下の湿度を調整しています
床下の湿度が高いと木が腐りますので、換気をすることは非常に大切ですが
その分床下が寒くなったり暑くなったりしますので
床板の下で断熱をする事が重要です
最近の住宅は当たり前のように床下断熱をしてますが
昔の住宅は床下断熱材が入っていないことが多いので
リフォームするときは断熱リフォームも一緒にすることをお勧めします


一級建築士事務所GO_AN(ゴアン)のHPはこちら


住宅設計・建築家ブログランキングに参加してます
下のボタンをクリックしてね^^

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

コメント

こんばんは☆ chipa : 2011/04/20 (水) 22:59:03 修正

断熱材って、聞いた事はあるけど、実際にはあまり目にしないので
今回拝見できて、うれしかったです☆

これなんですね~☆フムフム☆
かなり厚みがあるものなんですね☆

びっくりです☆

RE:こんばんは☆ しけうどん : 2011/04/21 (木) 13:07:27 修正

chipaさん、こんにちは^^
たしかに家が出来ちゃうと壁の中や
床下は見えなくなっちゃうんで
断熱材は見ない事が多いですね
だから手抜きしていないか工事中に
見ておくことが大切ですね^^
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。